2015年08月06日

プログラムのソースコードを抽象化するということについて

プログラミングの「抽象化」ってどういう意味で、なぜ必要なのか - 猫型の蓄音機は 1 分間に 45 回にゃあと鳴く

という記事を読みました。
説明が非常にわかりやすく、納得のいく点もあり、概ね良い記事だと思います。
が、個人的にはどうしても「それは間違ってないか?」と思う点もいくつかありました。

そこで、そういうとこも含めて、
「プログラムのソースコードを抽象化するということ」
について、本記事で自分なりにまとめてみようと思います。

予め言っておくと、あくまで自分の考えをまとめるだけなのです。
この記事が完全に正しくて、上記の記事の内容が間違っていると主張するものではありません。
「自分はこう考えてるんだけど、これは自分の勘違い?それともあってる?」
これぐらいびくびくしながら書いてます。まさかりください。

もう一つ予め言っておくと、説明に使用する言語はJavaScriptです。
それも伝わりやすいようあえてレガシー(別名:化石)な書き方をします。
続きを読む
posted by がお at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。